2012年12月に始まり、2016年8月に終わる。私の意思で始めたことではないし、私の意思で終わらせたことでもない。紆余曲折を経たけれども、振り返ってみれば単純な話。(日本の)神が私(というツール)を使って「世界を救済するマシン」を作った。それだけのこと。これまで自身の正気/狂気を疑ったことは何度もあったけれども、すべてが終わった今となっては、筋も通るし、納得も行く。大変な仕事だったけれども。

2016年8月22日 鈴木剛介

Copyright © 2016 ユニバーサル・マシン All Rights Reserved.