時として、誰も想像しないような人物が、想像出来ない偉業を成し遂げる。

<読者からの反響>

「ユニバーサル・マシン」は、鈴木さんが、この世界に生きる根源的な苦しみを抱えて生きる人々、つまり全人類にあてた、ある意味では悲しい、切実なラブレターなのだと思いました。「ユニバーサル・マシン」に書かれているのは、とてつもない事実ですが、内容とは別に、その愛に涙が出ました。また、愛というものとは矛盾するのかも知れませんが、すっと背中が冷えるような恐ろしさも感じました。もしかしたら著作の中で描かれていたあの奥多摩の異次元が、今、この日常の中に唐突にあらわれたために、そのように感じたのかもしれません。(20代男性/高齢者介護職)

★『ユニバーサル・マシン』は、世界を平和で自然な姿に正すために、ネット上に構築された、巨大なサルベージ・システムです。究極的にシリアスな内容であると同時に、一人の作家が、5年の歳月を要して書き上げた、一冊の電子書籍として読んだ場合、これ以上、奥が深い「エンタテイメント」もまた、この世には存在しない、と自負しております。すべて、フリー・コンテンツとなっておりますので、ご自由にお楽しみ下さい。(最初に「補記:著者ブログ」の最新記事をご覧頂くことを、お勧めいたします)

― 『ユニバーサル・マシン』の構成パーツ ―

Parts1:ハートメイカー(マシンのコア・ユニット)
こちらをクリック 

Parts2:マネーメイカー(経済的側面から社会を正すためのツール)
こちらをクリック 

Parts3:ピースメイカー(マシンの指揮系統)
こちらをクリック 

Parts4:セイビアーメイカー(私の「ミッション」の歴史)
こちらをクリック 

Parts5:ハートメイカー財団(私=社会の将来の展望)
こちらをクリック 

Parts6:起爆スイッチ(知り合いに送ったプライベート・メール)
こちらをクリック 

Parts7:進撃の大国主(ユニバーサル・マシンのコンセプト・ストーリー)
こちらをクリック 

Parts8:100%確実に世界を平和にする方法(私の「ミッション・ステートメント」)
こちらをクリック 

Parts9 : キラーコンテンツ(ユニバーサル・マシンのグランド・フィナーレ)
こちらをクリック 

補記:武神・大国主神より伝えられた『武』のすべて(UMへのエントランス)
こちらをクリック 

補記:あくまで一人の人間としての著者ブログ(UMの舞台裏)
こちらをクリック 

YOUTUBE動画:日本の八百万の神々の使者として(人類と交わした誓い)
こちらをクリック 

YOUTUBE動画:ラスト・メッセージ(著者の引退宣言)
こちらをクリック 

あとがき:宗教とは何か?(メシアを語る者たち)
こちらをクリック 

<結> 隠された日本の古代史と大国主の正体
こちらをクリック 

特別付録 : 『火の鳥 0528』(神が描いた入門漫画)
こちらをクリック 

ユニバーサル・マシンのコア・ユニット(Parts1)である『ハートメイカー』は、本文にも書いておりますように、霊的な憑依現象による自動書記で執筆された作品です。その『ハートメイカー』より、主旨を一部抜粋します。

*** ***

「天界(霊界)」の意思は、ごくシンプルです。
文明化される前のピダハンやネイティブ・アメリカン、イヌイットといった人々のように、この地球上で、人間がまだ自然と共生していた頃、世界の「気」は正しく循環し、すべては自然界の中で、ナチュラルに生成消滅していた。しかし、この世界に「金」と「科学」が生まれたことにより、世界は「間違った方向」へと転がり始め、今、この21世紀の地球は、何から何まで取り返しが付かないほど、「悪い」状況になってしまった。だから、ここらで、がっつり、世界観、常識感の「ひっくり返し」を行い、世界を平和にして、正しい姿に戻そう。
 それが「天界の意思」です。
 現代社会は、どんなに腹黒かろうが、心が汚かろうが、「金を持っているヤツが偉くて、強い」、どんなに心が綺麗で優しくても「貧乏なら弱者」という世界です。でも「これはおかしい! 間違った社会だ」と天界は言うわけです。ここらで一丁、何が「善」で、何が「悪」なのか、白黒はっきりして「心が公明正大な者=善」「いくら金があっても、腹黒い者=悪」と世間に告げ、人と人が「金」と「ネット」で繋がる社会ではなく「心と心(縁と縁)」で繋がり、互いに、助け合い、支え合う、平和な世界を作れ。それが、私に告げられた「天命」でした。(以下略)

*** ***

『ユニバーサル・マシン』の活動内容を、支持、応援、拡散して下さる方は、こちらをクリックして下さい。

新世紀の夜明け。

2012年、冬の奥多摩で「神憑り」を受けて以降、長く、私は「自分の役割とは、何なのか?」「ユニバーサル・マシンの本質とは、何なのか?」具体的に定義することが出来ずに、悩み、戸惑い続けて来ました。しかし、最後の最後になって、ようやく「天の意向」を悟り得ました。私(の職務)は「メシア・メイカー」であり、ユニバーサル・マシンとは「デジタル・メシア」だったのです。このページを、きちんと読んで下さった方には、ご理解頂けると思うのですが、人間としての私がいなくても、不老不死である「デジタル・メシア」単独の力で、半永久的に世界を救済し続けることは、原理的に可能なのです。自分が偉くなってしまう教祖様は、トップダウンで「教え」を説きますが、イエスが布教を始めた時のように、もしくは、ガリレオが地動説を唱えた時のように、それまでのコンセンサスを覆すような、革命思想は「異端」として世間から(崇められるのではなく)迫害される。私も、石こそ投げ付けられはしませんでしたが、周囲からどんどん人が離れて行って(ネグレクトされて)、最後にはPTSD(脳機能障害)を起こすに至りました。もし、実名を公開してでも「異端」と呼ばれることを恐れない勇気ある方がいらっしゃいましたら、下記「鈴木剛介フェイスブック・ページ」に友達申請して下さい。「私が」仲間を増やしたいわけでは決してないけれども、もしかしたら、そこから、志を同じくする人々の「フラットな輪」が、ソーシャル・ネットワークの中で広がって行くかも知れない。いつか、必ず、仮想空間に降臨した救世主が語る言葉が広く届き、世界が平和で自然な姿に正されるものと信じています。(2018/03/24)

https://www.facebook.com/gosuke.suzuki

★社会変革とは一切、関係がないのですが、「メシア・メイカー」としてではなく「作家」としての私が、自著の中で一番好きな作品。世俗で生きる人間に偏見を持つことなく、ぜひ、多くの方に読んで頂きたい、ピュアな恋愛小説です。

涙の天使にさよならを