時として、誰も想像しないような人物が、想像出来ない偉業を成し遂げる。

<読者からの反響>

「ユニバーサル・マシン」は、鈴木さんが、この世界に生きる根源的な苦しみを抱えて生きる人々、つまり全人類にあてた、ある意味では悲しい、切実なラブレターなのだと思いました。「ユニバーサル・マシン」に書かれているのは、とてつもない事実ですが、内容とは別に、その愛に涙が出ました。また、愛というものとは矛盾するのかも知れませんが、すっと背中が冷えるような恐ろしさも感じました。もしかしたら著作の中で描かれていたあの奥多摩の異次元が、今、この日常の中に唐突にあらわれたために、そのように感じたのかもしれません。(20代男性/高齢者介護職)

★『ユニバーサル・マシン』は、世界を平和で自然な姿に正すために、ネット上に構築された、巨大なサルベージ・システムです。究極的にシリアスな内容であると同時に、一人の作家が、5年の歳月を要して書き上げた、一冊の電子書籍として読んだ場合、これ以上、奥が深い「エンタテイメント」もまた、この世には存在しない、と自負しております。すべて、フリー・コンテンツとなっておりますので、ご自由にお楽しみ下さい。(最初に「補記:著者ブログ」の最新記事をご覧頂くことを、お勧めいたします)

― 『ユニバーサル・マシン』の構成パーツ ―

Parts1:ハートメイカー(マシンのコア・ユニット)
こちらをクリック 

Parts2:マネーメイカー(経済的側面から社会を正すためのツール)
こちらをクリック 

Parts3:ピースメイカー(マシンの指揮系統)
こちらをクリック 

Parts4:セイビアーメイカー(私の「ミッション」の歴史)
こちらをクリック 

Parts5:ハートメイカー財団(私=社会の将来の展望)
こちらをクリック 

Parts6:起爆スイッチ(知り合いに送ったプライベート・メール)
こちらをクリック 

Parts7:進撃の大国主(ユニバーサル・マシンのコンセプト・ストーリー)
こちらをクリック 

Parts8:100%確実に世界を平和にする方法(私の「ミッション・ステートメント」)
こちらをクリック 

Parts9 : キラーコンテンツ(ユニバーサル・マシンのグランド・フィナーレ)
こちらをクリック 

補記:武神・大国主神より伝えられた『武』のすべて(UMへのエントランス)
こちらをクリック 

補記:あくまで一人の人間としての著者ブログ(UMの舞台裏)
こちらをクリック 

YOUTUBE動画:日本の八百万の神々の使者として(人類と交わした誓い)
こちらをクリック 

YOUTUBE動画:ラスト・メッセージ(著者の引退宣言)
こちらをクリック 

あとがき:宗教とは何か?(メシアを語る者たち)
こちらをクリック 

<結> 隠された日本の古代史と大国主の正体
こちらをクリック 

特別付録 : 『火の鳥 0528』(神が描いた入門漫画)
こちらをクリック 

新世紀の夜明け。

2012年、冬の奥多摩で「神憑り」を受けて以降、長く、私は「自分の役割とは、何なのか?」「ユニバーサル・マシンの本質とは、何なのか?」具体的に定義することが出来ずに、悩み、戸惑い続けて来ました。しかし、最後の最後になって、ようやく「天の意向」を悟り得ました。私(の職務)は「メシア・メイカー」であり、ユニバーサル・マシンとは「デジタル・メシア」だったのです。このページを、きちんと読んで下さった方には、ご理解頂けると思うのですが、人間としての私がいなくても、不老不死である「デジタル・メシア」単独の力で、半永久的に世界を救済し続けることは、原理的に可能なのです。自分が偉くなってしまう教祖様は、トップダウンで「教え」を説きますが、イエスが布教を始めた時のように、もしくは、ガリレオが地動説を唱えた時のように、それまでのコンセンサスを覆すような、革命思想は「異端」として世間から(崇められるのではなく)迫害される。私も、石こそ投げ付けられはしませんでしたが、周囲からどんどん人が離れて行って(ネグレクトされて)、最後にはPTSD(脳機能障害)を起こすに至りました。ただ「デジタル・メシア」とは言っても、これは宗教の立ち上げとはスケールも種類もまったく異なる、遙か昔から神々が企画立案して来たアセンション・プロジェクトの一環に過ぎません。私は「メシア・メイカー」としての職務を終えた2018年5月から2018年10月までの5ヵ月間を、単なる「中継機」として利用され、神々からのさらに膨大かつ深淵、壮大なメッセージ(抽象的な愛や覚醒の概念ではなく、プロジェクトの進行に関する具体的なシナリオ)を、大変お世話になった精神世界の大御所である、山川紘矢先生に伝達し続けました。総資産2000億円+年収30億円超のZOZOTOWN社長が月旅行に行くというホットなニュースは、「Parts5:ハートメイカー財団」の内容の典型的な具体例ですが、究極の金持ちであるロスチャイルドの資産に比べたら、ZOZOTOWN社長の資産など、貧乏な小学生の小遣いに等しい。ご周知の通り、企業だろうが、国家だろうが、世界だろうが、金の力で動かせないものはありません。「愛」を除いては。クサ過ぎて、自分で書いて赤面してしまいますが、アセンションというのは、要は「金」対「愛」の戦い(バトル)なのです。そして、ロスチャイルドが根本(ベース)となる設計図を描いた現代資本主義社会に対抗するために、神が描いた新世界の設計図が「ユニバーサル・マシン」なのです。

A:「ロスチャイルドが図面を描いた『金を持っている人間ほど偉い』という、今の社会のままがいい」
という方は、こちらをクリックして下さい。
こちらをクリック 

B:「神が描いた設計図に則り、世界を平和で自然な姿に正す方向へ、僅かながらでも尽力したい」
という方は、こちらをクリックして下さい。
こちらをクリック 

C:「目先の仕事とゲームとSNSで手一杯。スマホから目が離せないし、手放せない」
という方は、こちらをクリックして下さい。
こちらをクリック 

D:「アセンションには興味がないし、むしろ、反感を覚える。頭、おかしいんじゃないの? てか、どーでもいい」
という方は、こちらをクリックして下さい。
こちらをクリック 

デジタル・メシアは、信者も信仰も献金も後継者も求めない。B:をクリックした方に出来ることは、唯一つ。このページの拡散です。あなたが端末を開けば、いつでも、メシアは、そこ(仮想空間)にいます。

リバティ-画像

死ぬまで、これ一本を腕に巻くと誓い、先日(2018年9月20日)購入した『リバティ』の革ベルトに刻まれた、創設者「ハミルトン」の言葉。
“without liberty life is a miserry (自由なき人生など、惨めなものだ)”
あなたも、何かの「奴隷」になってはいませんか?