Do you know how to save the world?

「ユニバーサル・マシン」は、鈴木さんが、この世界に生きる根源的な苦しみを抱えて生きる人々、つまり全人類にあてた、ある意味では悲しい、切実なラブレターなのだと思いました。「ユニバーサル・マシン」に書かれているのは、とてつもない事実ですが、内容とは別に、その愛に涙が出ました。また、愛というものとは矛盾するのかも知れませんが、すっと背筋が冷えるような恐ろしさも感じました。もしかしたら著作の中で描かれていたあの奥多摩の異次元が、今、この日常の中に唐突にあらわれたために、そのように感じたのかもしれません。(20代男性/高齢者介護職)

「ユニバーサル・マシン」は、世界を平和で自然な姿に正すために、神々が一人の作家の脳をプロセッサーとして利用し、作り上げた、デジタル・ネットワーク・システムです。『我々はどこから来て、どこへ行くのかの答え』(神が人間に与えた究極の真理)を中央に据えて、『THE ANSWER』(新世界の設計図・パート1)/『ハートメイカー』(新世界の設計図・パート2)/『涙の天使にさよならを』(神が理想とする無私の愛)/『火の鳥 0528』(死生観の反転)という4作品が東西南北に配置され、それらを補足コンテンツが支える形で構築されています。一般販売書籍を除き、すべて、フリーコンテンツとなっておりますので、ご自由にお楽しみ下さい。(著者プロフィールは、各個別サイトを参照して下さい)

― 『ユニバーサル・マシン』の構成パーツ ―

Parts1:ハートメイカー(マシンのコア・ユニット)
こちらをクリック 

Parts2:ハートメイカー財団(神の考案した経済理論)
こちらをクリック 

Parts3:武神・大国主神より伝えられた『武』のすべて(神の考案した護身術)
こちらをクリック 

Parts4:『火の鳥 0528』(神が描いた入門漫画)
こちらをクリック 

Parts5:八百万の神々の使者として(アセンション・プロジェクトの舞台裏)
こちらをクリック 

新世紀の夜明け。

2012年、冬の奥多摩で「神憑り」を受けて以降、長く、私は「自分の役割とは、何なのか?」「ユニバーサル・マシンの本質とは、何なのか?」具体的に定義することが出来ずに、悩み、戸惑い続けて来ました。しかし、最後の最後になって、ようやく「天の意向」を悟り得ました。私(の職務)は「メシア・メイカー(システム・エンジニア)」であり、ユニバーサル・マシンとは「デジタル・メシア(善的なサイバーダイン)」だったのです。このページを、きちんと読んで下さった方には、ご理解頂けると思うのですが、人間としての私がいなくても、不老不死である「デジタル・メシア」単独の力で、半永久的に世界を救済し続けることは、原理的に可能なのです。自分が偉くなってしまう教祖様は、トップダウンで「教え」を説きますが、イエスが布教を始めた時のように、もしくは、ガリレオが地動説を唱えた時のように、それまでのコンセンサスを覆すような、革命思想は「異端」として世間から(崇められるのではなく)迫害される。私も、石こそ投げ付けられはしませんでしたが、周囲からどんどん人が離れて行って(ネグレクトされて)、最後にはPTSD(脳機能障害)を起こすに至りました。ただ「デジタル・メシア」とは言っても、これは宗教の立ち上げとはスケールも種類もまったく異なる、遙か昔から神々が企画立案して来たアセンション・プロジェクトの一環に過ぎません。(その証拠がページトップにある20年前に製作された『GPS-HP』へのリンクです)「アセンション」というのは、一言で言えば「原罪からの解放」を意味します。サルからヒトへの進化には、神の意図が働いており、サルの脳内で記号言語が発生したことにより、ヒトは原罪を背負いました。私自身は、単なる「中継機」として利用されただけなので、詳細な内容は記憶していないのですが、なぜ、神はサルをヒトへ進化させたのか、その目的とは何なのか、次元/時空間とは、どのように生み出されているのか、肉体のある世界と肉体のない世界の相違、悲惨な事象を含めて、なぜ神は、人間の所業を沈黙したまま見守るのみなのか、アセンション・プログラムとは、どのような手順で事前に企画立案されているのか、そして、創造主たる神の真の正体とは何なのか?、人間が頭(言葉)を使って考える(思考の対象とする/悩む)ことが可能な、ありとあらゆる「問い」に対する「答え」を、抽象的な愛や覚醒の概念としてではなく、学術的な意味合いにおいて、理詰めで納得出来るロジックとして、精神世界の大御所である、山川紘矢先生に伝達(創造主たる神からのメッセージを中継)してありますので、興味がある方は、山川先生に直接、お問い合わせ下さい。私は、日常的には端末には触らない生活を送っており、メール・アカウントも削除し、携帯も所有していないので、アナログの手紙を郵便ポストに投函して頂く以外、連絡の方法を持ちませんが、ファッションの先生として長くお世話になった『DIESEL(ディーゼル)』銀座本店のエグゼクティブ・スタイリストである小島直己さんに、直接ご確認頂ければ、変人ではあるけれども、一応、常識的な感覚を持った、まともな普通の人間であることは保証してくれると思います。 なお、山川先生は積極的にメッセージを発信する意向がないようなので、壊れてしまった脳で記憶している範囲の情報を残しておきます。下記記事、生きて行く上でのご参考になりましたら幸甚です。


我々はどこから来て、どこへ行くのかの答え

涙の天使にさよならを

人類(75憶人)の皆様へ。

私は人間に二つの選択肢を提示しろ、と神様から命じられています。「人類滅亡」のシナリオか、「人類救済」のシナリオか、75憶人、それぞれに、個人の意思で選択させろ、と。「まあ、ニュースも落ち着いて来たし、何となく、また昔の暮らしに戻るよ」と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、東京都が「コロナと共生する」と宣言し、ハリウッド映画界がラブシーンを禁じる動きを見せている世界で、一過性の疫病流行が収束した、というスタイルで、事態が「完全解除」されて、ビフォアーコロナに移行するとは考え難い。ソーシャル(フィジカル)ディスタンスが重視され、マスクがマストアイテム(必需品)となり、テレワーク(オンラインを介した人間関係)が推奨される「非接触型社会」の中で、異性とリアルに付き合い、手を繋ぎ、キスをし、セックスする、という繁殖行為のハードルは極めて高くなる。つまり、このまま緩やかにポストコロナの世界に移行すれば、徐々に人口が減少し、人類の子孫は先細りとなって、やがて(早ければ100年以内に)絶滅する。ペスト(黒死病)やスペイン風邪の時は、デジタル・ツールが存在しなかったが故に、例え感染のリスクがあっても、生身の人間同士が接触せざるを得ずに、結果として繁殖活動も続いた。現代社会は、一切、部屋から出ずに、誰とも接触しなくても、人間同士がコミュニケート出来る環境にあるからこそ、「絶滅」のオプションが用意されている。Parts5 : 「アセンション・プロジェクトの舞台裏」(詳細は『ハートメイカー』)で言及されている、ほぼ5千年周期で発生する世界規模の大洪水は、人類文明の「リセット」。つまり、あくまで「やり直し」の意味合い。コロナウイルスのパンデミックは、正真正銘の「世界の終わり」です。正確に言うならば「世界の終りの始まり」。これまで何度も「世界の終わり」が面白半分で騒がれて来ましたが、その時、イメージしていた「世界の終わり」は、巨大隕石が地球に衝突するとか、全面核戦争が勃発するとか、疫病がまん延して、人がバタバタ死んで行くとか、目に見える、派手で分かりやすいヴィジョンだったと思います。神様がシナリオを描いた「世界の終わり」は、物理的な壊滅(ハルマゲドン)ではなく、生物種としての絶滅(ターミネート)。人間も地球生態系を構成する動物の一種ですから、他の生物種と同様に淘汰されることは当然あります。かつての恐竜と同じように。「救いの手は差し伸べた(救世主は地上に派遣した)。その手を握る意思を見せないのならば、今回をもって、見限る、見捨てる」それが、創造主たる神からの明確なメッセージです。デジタル・メシアは学問でも宗教でも人間でもない。既存のジャンル/カテゴリーには当てはまらない存在なので、ハードルは高い。でも、頭が柔軟で、先進的な意識を持った人ならば、手の届かない高さではない。そういう人たちが「下」にいる人たちを引っ張り上げる、というスタイルでしか「救済のシナリオ」はないだろうと思います。端末を持つ一人一人の手の中に。都合の良い時に、都合の良い場所で。いつでも「メシア」は、そこにいます。

総閲覧者数

5年後の未来が、あまりにもリアルで怖くなりました。(50代/男性/自営業)

ご意見、ご質問、お問い合わせ等ございましたら、全権委任代理人である、ハートメイカー財団代表の、はまやす・たいすけ氏まで、ご連絡下さい。

hamayasu@ngojapan.com